Top > こころの健康 > ツボや呼吸法

ツボや呼吸法

ツボや呼吸法をいれて、心が空虚になりそうなときには

ヒーリング音楽と一緒に呼吸法を実践してもらいました。

それをきっかけに、ヨガにはまって毎日元気に過ごされるようになりました。

外に出て働くことの大切さも、再確認できてご自身の手で返したお金、

働いたお金で違う趣味に使うことの喜びを感じたようです。

今ではご主人と、会話が毎日必ずあり、ご近所でもヨガ仲間ができて

楽しく過ごすようになったということです。

周りの方との接触に成功したことと、出口をあけてあげたご主人と

呼吸法、ご自身を肯定する依存のセルフコントロールが功をなした例です。

ご家庭の環境を見ていくと、周り近所や

ご友人などの第三者からは原因が探りやすいことが多いです。

本当は、ご主人は自分のことを気にかけてくれていると思えるようになり

彼女は依存症を回復をしていきました。

ご主人にも一日の出来事を必ず、娘さんに尋ねる、朝食を

一緒にとるなどのことを心がけていただき常に、コミュニケーションを

一日、最低 1,2 回は取る(会話を持つ)ことをしていただきました。

依存症改善プログラムの詳細はこちら

 

こころの健康

関連エントリー
ツボや呼吸法
カテゴリー
更新履歴
どんな聞き方をすれば、相手に伝わるのでしょうか(2018年2月 8日)
ツボや呼吸法(2018年2月 3日)
犬のしつけと飼い主の生活設計(2017年6月14日)
美人レースクイーン募集探しなら(2017年1月 2日)
仲介サイトのトラブルには要注意(2016年12月26日)